老犬介護ノウハウ
チャンネル

動画でみる講座
早わかり


立てるようになることは
偶然じゃない。
毎日の小さな『出来た』の
積重ねが奇跡を生む


Let’sの講座は、リハビリは『運動療法』、犬の整体師は『施術』という位置づけとなります。リハビリコースでは解剖学にとどまらず、犬の学習理論、感情、行動も理解し『犬の正しい姿勢、正しい動き』に導き、腰痛防止、関節炎予防、ケガ予防、機能改善を目指します。


【取得できる資格】

【基礎科】 認定資格:ドックリハビリトレーナー

正しい犬の骨格を理解し、静止した状態での歪みを調整し、ケガの予防を目指します。
人間の身体を模写すること→犬と人間の違い→犬の動き→正しい動きができるように動きの調整と段階を踏みながら理解していくコースです。

【応用科】認定資格:ドックフィジカルトレーナー

日常の活動している状態での歪みを発見し、目標となる姿勢・動きとの差異を確認し、適切な運動により矯正できるようになることを目指します。犬の日常の行動の観察し、運動・施術を行い、時間の経過による変化を理解するため、合宿で授業を行います。

【費用】

ドック
リハビリトレーナー認定コース(リハビリ基礎科):¥242,000

ドック
フィジカルトレーナー認定コース(リハビリ応用科):¥275,000

リハビリ一括
(基礎科+応用科):¥495,000

メディカルトレーナー(リハビリ+整体)一直線コース   :¥825,000

(上記金額には受講料、テキスト代、認定課題、認定費、認定証書、
(応用科は宿泊費)、消費税を含みます。)


老犬介護ノウハウ
チャンネル

動画でみる講座
早わかり


【授業内容】

リハビリ基礎科<認定資格:ドックリハビリトレーナー>
目標:体の動く仕組みと運動学の基礎を身につける

【目標】

・犬の体の仕組である解剖学
・犬の学習パターンが理解できる
・ハンディ犬の行動を読む
・回復期・維持期犬の運動学基礎
・『おうちリハ』の提案
・予防生活改善をアドバイス
・動物病院との連携 

【学習スケジュール】

予習:解剖学(自宅学習)→座学・実習(通学)→認定課題(自宅学習)
課題:レポート→課題提出→認定


<予習:解剖学(自宅学習)>:標準1ヶ月

推薦書籍を読んで解剖学について理解します。
理解度確認テストを提出


<座学・実習(通学)>:標準2ヶ月

土・日×2日間の講座を2ヶ月に渡り学習します。登校は合計4日間でリハビリ実践を理解します。


※※  基礎科授業内容 ① ※※

・ボディバランスチェック
・可動域とストレッチ
・運動療法(歩行強制、バランスボールなど)
・ボディバランス調整
・獣医師との連携のために


※※ 基礎科授業内容 ② ※※

・リハビリのケーススタディ考察
・リハビリ支援プログラムの立案


<認定課題(自宅学習)>:標準1ヶ月

リハビリ支援プログラムのケーススタディを提出
課題のケーススタディは、授業中に出されます。
ご自身でワンちゃんを探す必要はありません。

リハビリ応用科

リハビリ応用科<認定資格:ドックフィジカルトレーナー>
目標:犬の骨格・運動学からみた機能改善・歪み改善が行える

犬の日常の行動の観察し、運動・施術を行い、時間の経過による変化を理解するため、栃木県那須塩原市 ホテルフォレストヒルズ那須内ににあるドッグリハビリセンターで合宿で授業を行います。

【目標】

・動作・歩様・走様から動きの癖を見つける
・正しい可動・荷重を理解する
・正しい姿勢を理解する
・正しい姿勢を定着できるよう運動を考察する
・個体にあった運動によるアプローチを行う
・飼い主にあったプログラムの実践ができるようになる
・合宿期間中に最低4頭の考察ができるようになる

【学習スケジュール】

基礎科の課題提出(自宅学習)→実践(合宿1泊2日)→認定課題(自宅学習):課題レポート→課題提出→認定


<基礎科の課題提出(自宅学習)>

応用科が始まる前に、基礎科の課題を修了させて、知識を定着させましょう。


<実践(合宿2日間)>

・バディバランスチェック(数回)
・動作・歩様・走様の評価実習
・リハビリ実施計画
・バディバランス矯正実習
・温泉療法(温泉を利用した運動療法実践)
・症例の考察
・リハビリ運動療法の評価実践
・リハビリ実践解説書の立案・作成


<認定課題(自宅学習)>:標準1ヶ月

リハビリ実践解説書のケーススタディを提出
課題のケーススタディは、合宿中に実践したケーススタディについて提出していただきます。


【現場研修】卒業しても学べます!!

現場研修を受けたい方の理由は様々です。『自信がない』『もっと技術を磨きたい』『身に付けたもを忘れないようにしたい』など。この講座では、希望者は現場研修にご参加いただくことが可能です。
授業では、基本を身に付けていただくため、トレーニングを積んだS F A F F犬が皆様のお相手をすることが多いですが、現場研修では現場で入っていただいて、実際にお困りごとのあるワンちゃんに接していただきます。

老犬介護ノウハウ
チャンネル

動画でみる講座
早わかり


PAGE TOP